スーパーのレジ打ち

飲食POSレジを導入すれば二次元コードや電子マネー決済にも対応できる

レジ打ちする男性

飲食POSレジを導入することで、飲食店における業務効率の改善を図ることができます。また、受注や厨房の注文確認、精算業務だけでなく、売上管理や分析も飲食POSレジでは可能です。そして、飲食POSレジの導入はこれまでコスト的に問題となっていた、クレジットカード決済や二次元コード決済、電子マネー決済も低コストで導入することができます。
これまで、クレジットカード決済のために専用端末を導入する必要があり、端末購入費用が高額といったものも、タブレット端末を使用した飲食POSレジならタブレット端末と決済端末を連動することができます。タブレット端末と決済方法を連動することで、いそがしい時間帯にレジに長い列が出来ていたという場合なら客席で決済を完了させることができます。
クレジットカード決済が可能な端末が増えることで、レジ業務の負荷分散を行うことができ、より多くのお客さんを客席に案内することもできます。
また、電子マネー決済やQR決済に対応できるだけでなく、グループでの割り勘といった場合でも個々に精算ができるだけでなく、正確な金額を算出することができ、現金の過不足といった問題も解決することができます。クレジットカード決済の手数料コストと端末導入コストで悩んでいる経営者は、飲食POSレジの効率運用によるコスト低減と比較してみては如何でしょうか?

おすすめ記事

レジ打ちをする男性

飲食用POSレジの機能ってどんなものがあるの?

POSレジとは、お客様と金銭のやり取りをしたときに発生する販売の情報を管理するシステムを搭載しているレジのことで、インターネットを通して色々な情報を収集でき、その得た情報から分析し、メニューの改…

MORE
コンパクトサイズなレジ

POSレジがお店の成長戦略ツールになる!

飲食POSレジは、販売商品や顧客の年齢層などが分析できるようになり、顧客のニーズを簡単に把握することができるようになります。「データの収集や分析をしている」というお店も多いかと思いますが、分析デ…

MORE
レジ中のお金を取り出す

POSレジを導入して外国人観光客に対応しよう!

飲食POSレジを導入するメリットとして、客席と厨房における受注業務の効率化が図れるといったメリットがあります。しかし、近年増加傾向にある外国人観光客の対応に困っているのであれば、飲食POSレジの…

MORE
レジ打ちする男性

飲食POSレジを導入すれば二次元コードや電子マネー決済にも対応できる

飲食POSレジを導入することで、飲食店における業務効率の改善を図ることができます。また、受注や厨房の注文確認、精算業務だけでなく、売上管理や分析も飲食POSレジでは可能です。そして、飲食POSレ…

MORE

ニュース一覧